宇野昌磨が羽生も成し遂げられなかった快挙でライバルに!経歴・プロフは?


 

宇野昌磨(17歳)が10月25日に行われた

フィギュアGPシリーズアメリカ大会にて快挙!

 

フィギュアスケート会に羽生と並ぶ、

新たな王子が現れた!

宇野昌磨
17歳の宇野昌磨は、

今回シニアデビュー初戦で2位に入ったのだ。

 

なんでも、ジャンプが凄いと話題に!!

 

1回目より2回目のジャンプの方が難しいことをするという、
デビュー戦でこんなことをやれる新人は
世界的にも少ないと話題になっています☆

 

インタビュー動画はこちらから

やっぱり世界で戦ってる人は
若くてもしっかりしてますよね!!

声はまだまだ幼さが残った可愛い声ですけどね♪
今回ショートでは4回転を転倒してしまい4位に。
フリーで使用した曲は、
荒川静香が滑ったことで特に有名になった
『トゥーランドット』の誰も寝てはならぬ。

演技終了後、
会場はスタンディングオベーションになったそう☆

1位のマックス・アーロンとは1.52点差だった。

マックス・アーロン
ジャンプをほぼノーミスで決めたという
マックス・アーロン。

世界の舞台では少しのミスが
命取りとなってしまいますよね。

一般人の私からすると
1.52点差というあと少しだったのに!!
と思ってしまうこの差も、

そうはならず、
常に理想が凄く高い宇野昌磨。

今回の滑りは実力の40%も出せなかったと言い
インタビュアーも驚いていたようです。

次の大会に活かして更に上を目指してほしいですね!!

Sponsored Link

 

宇野昌磨のプロフィール・経歴は?

うのしょうま
生年月日:1997年12月17日

年齢:あと2ヶ月で18歳!!

血液型:B型

出身地:名古屋
そして、映像でも気になる身長ですが・・・
159cm!?

まだ高2だったら伸びますかね!!

現在は中京大学付属中京高等学校に在学中。
浅田真央や小塚崇彦などと同じ高校で

スケート部は中京大学のリンクで練習し、

フィギュアの選手が数多く輩出されていることで有名。
そして驚きなのが、スケートを始めたきっかけ。

 

なんと、5歳の時に遊びに行っていたスケートリンクで

あの、浅田真央に声をかけられたことがきっかけだという。

浅田真央はスカウトする才能もあったのか!?w

 

その後2009年、

11歳の頃に全日本ノービス選手権で優勝

同年の全日本ジュニア選手権では初出場3位という結果

凄くないですか?
デビューから注目されてはいましたが、

更に注目されるきっかけとなったのが

2014-2015シーズンのアジアフィギュア杯にて

4回転トウループを初成功させ優勝!!

 

その後ジュニアでは初の160点台のスコアや、
世界ジュニア選手権ショートで
ジュニア初の80点台を記録し初優勝。

羽生結弦以来となる
ジュニア世界王者に輝いた宇野昌磨。

この時、3位の山本草太と
日本人初のダブル表彰台に。

2014-2015シーズンだけで5回の優勝。

これは注目されて当然ですよね!!
憧れのスケーターは高橋大輔選手だそうです。

羽生にも負けない向上心の強さが
いつもインタビューで伺えますよね。

どこまでも自分に厳しい宇野昌磨。

羽生結弦も同じく常に上を目指していますが、

これからのフィギュアスケート男子
日本の結果がかなり期待できますね!!

怪我などしないことも祈って
これからも王子2人を応援しましょうヾ(o´∀`o)ノ


そして!
フィギュアグランプリシリーズカナダ大会
TV放送日程はこちら↓

大阪での放送は

10月31日ABCテレビにて18時56分~!!

羽生結弦、初戦から復帰後のパトリック・チャンとの対決に

注目が集まること間違いなし!!!

羽生
最後まで読んで下さり、ありがとうございます☆

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Sponsored Link

Menu

HOME

TOP